介護職員初任者研修の試験問題は簡単、いまさらだけど取っておけば良かった

3月 24th, 2016

介護って本当に大変だと思うんです。実際介護って、お金をもらえる仕事って訳でも、休憩がある訳でも、夜になったら解放されるって訳でもありません。実際やってたらすぐに逃げたくなります。

実際私も介護をしていて、やりたいことがあったり具合が悪かったときも、介護する相手に呼び出されて休めなかったり、

やりたいことができなくなったり、1日拘束されて自分の自由なんか皆無!っていうことばかりでした。

それでも、なんとかやってこれたのは介護する側や、周りの人たちが必ずありがとうという言葉や感謝の気持ち、にこにことした笑顔をくれたから。

やっぱり人間ですから、無償で何かをするのは精神的に辛いです。
でも、周りがちゃんと感謝、笑顔、労わり、なんていうものをくれたらもう少し頑張ろうって気持ちになりますよね。わたしはなりました。

介護って本当に大変です。でもだからこそ気がつく人と人の暖かな関わり方っていうのもあると思いますね。

介護

いまさらですが介護の基礎が学べる介護職員初任者研修は受けておいたほうが良かったかな、と思います。

ホームヘルパー2級から新しくなった資格で訪問介護や施設介護の職員として働くための資格なのですが

自宅介護にもとても役立つ内容なので、自宅介護のために受ける方も結構いるんです。

介護保険制度の理解や医療看護との連携、視覚障害や認知障害とのコミュニケーション、介護者の人間としての尊厳など

学んでおけばいろいろと活かせただろうと思います。

私自身、勉強は苦手ですが、介護職員初任者研修は試験問題も難しくなくほとんどの人が合格できるといいますし介護の基本を学んでおけばもう少し向き合い方とか

介護職員初任者研修の試験問題

心構えとかが出来て苦労が少なかったのではないかと思うんです。

ここ数年では、高麗者の数が年々増え続け独り暮らし、また孤独死といたものがテレビでも取り上げられるようになって来ました。

昔は大家族で、家族で助け合い日常生活を送って来たという時代でしたが、今では各家族化が多くなり子どもたちは独立して親元を離れていきます。

そうすると残されるのは高齢となった人たちです。

まだまだ福祉も充実しておらず、医療においても介護面においても高齢者に対する課題は、まだまだ多くあります。

最近ではディサービスといったものもあり高齢者を一時的に預かり介護していくと言った施設もあります。

しかしながら、こう言った施設に入所出来る高齢者と言うのはわずかなものです。

施設に入れば費用もかかりますし、その費用を十分に捻出するだけの力は無いに等しく、介護を求める高齢者は年々増え続けていますが

施設においての設備、スタッフが不足しているところもあるので、なかなか高齢者を受け入れることが難しくなっているのが現状であります。

Comments are closed.